スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Morality and Profits 利益の倫理性

Is there sufficient profit?


  Joseph Schumpeter’s “innovator,” with his “creative destruction,” is the only theory so far to explain why there is something we call “profit.” The classical economists very well knew that their theory did not give any rationale for profit. Indeed, in the equilibrium economics of a closed economic system, there is no place for profit, no justification for it, no explanation of it. If profit is, however, a genuine cost, and especially if profit is the only way to maintain jobs and to create new ones, then capitalism becomes again a moral system.
  The weakness on moral grounds of the profit incentive enabled Karl Marx at once to condemn the capitalist as wicked and immoral and assert “scientifically” that he serves no function. As soon, however, as one shifts from the axiom of an unchanging, self-contained, closed economy, what is called profit is no longer immoral. It becomes a moral imperative. Indeed the question then is no longer: “How can the economy be structured to minimize the bribe of the functionless surplus called profit that has to be handed over to the capitalist to keep the economy going?” The question in Schumpeter’s economics is always: “Is there sufficient profit?” Is there adequate capital formation to provide for the costs of the future, the costs of staying in business, the costs of “creative destruction”?

ACTION POINT: Check to see if you are earning enough profit to cover the cost of capital and provide for innovation. If not, what are you going to do about it?

The Ecological Vision



問題は
利益は十分かである。


 これまでのところ、シュンペーターのいう創造的破壊の理論だけが、利益なるものの昨日を説明する唯一の根拠である。古典派経済学は、自らの理論では利益に根拠を与えられないことを認識していた。事実、均衡経済学の閉鎖的な経済システムには、利益の位置づけ、根拠、説明がなかった。しかし、もし利益がコストであるとするならば、とくに雇用創出の唯一の手段であるとするならば、そのとき資本主義は倫理的なシステムとなる。
 マルクスは、利潤動機なるものの倫理的な基盤の弱さゆえに、資本家を邪悪な存在と決めつけ、いかなる機能も果たしていないことを「科学的に」証明した。
 しかし、自己完結的、閉鎖的、静的な経済学から脱するや、利益と呼ばれているものも直ちに非倫理的な存在ではなくなる。倫理的な必然となる。資本家に渡すべき利益という名の賄賂の存在しない経済をいかに構築するかは、もはや問題でさえない。
 事実シュンペーターの経済学においては、問題は、利益は十分かである。未来のコスト、企業存続のコスト、創造的破壊のコストを賄うに十分な資本形成を行なっているかである。

(『すでに起こった未来』)


ACTION POINT
資金のコストを賄い、イノベーションを行なうための十分な利益をあげていますか。
もしあげていないならば、どのような手を打つべきでしょうか。

2009.03.18 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。