スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Managing for the Short Term and Long Term 今日の利益と長期の成長力

John Maynard Keynes’s best-known saying is surely “In the long run we are all dead.” It is a total fallacy that, as Keynes implies, optimizing the short term creates the right long-term future.


  It is a value question whether a business should be run for short-term results or for “the long run.” Financial analysts believe that businesses can be run for both, simultaneously. Successful businessmen know better. To be sure, everyone has to produce short-term results. But in any conflict between short-term results and long-term growth, one company decides in favor of long-term growth, and another company decides such a conflict in favor of short-term results. Again, this is not primarily a disagreement on economics. It is fundamentally a value conflict regarding the function of a business and the responsibility of management.

ACTION POINT: Does your organization sacrifice the long-term wealth-producing capacity of the enterprise to produce short-term results? Discuss how you can break out of this trap and still produce short-term profits.

The Ecological Vision
Management Challenges for the 21st Century



ケインズの最も有名な言葉は
長期的にはわれわれはみな死ぬだった。


 長期のためか短期のためかは価値観にかかわる問題である。エコノミストは長期と短期は容易に両立するという。実際にマネジメントを行なっている者は、そう簡単ではないことを知っている。今日の利益と長期の成長力のいずれかを選ばされる局面は少なくない。数字で判断できることではない。
 それは、企業の役割とマネジメントの責任という価値観にかかわる問題である。

(『すでに起こった未来』『明日を支配するもの』)


ACTION POINT
今日の利益のために長期の成長力を傷つけてはいませんか。
そのようなことなしに利益をあげる方法を検討してください。

2009.03.15 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。