fc2ブログ

Compensation Structure 報酬システム

Compensation must always try to balance recognition of the
individual with stability and maintenance of the group.


  People have to be paid, but every compensation system is liable to misdirect. Compensation always expresses status, both within the enterprise and in society. It entails judgments on a person’s worth as much as on performance. It is emotionally tied to all our ideas of fairness, justice, and equity. Money is, of course, quantitative. But the money in any compensation system expresses the most intangible, but also the most sensitive, values and qualities. No attempt at a “scientific formula” for compensation can therefore be completely successful.
  The best possible compensation plan is of necessity a compromise among the various functions and meanings of compensation, for the individual as well as for the group. Even the best plan will still disorganize as well as organize, misdirect as well as, and encourage the wrong as well as the right behavior. The preference should be for simple compensation systems rather than for complex ones. It should be for compensation systems that allow judgment to be used and that enable pay to be fitted to the job of the individual rather than impose one formula on everybody. All one can do is to watch lest the compensation system reward the wrong behavior, emphasize the wrong results, and direct people away from performance for the common good.

ACTION POINT: Develop a compensation system that rewards individual performance while balancing individual rewards with rewards that help maintain the continuity of the entire organization as a whole.

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


Compensation Structure [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

個としての仕事ぶりと全体への貢献の
双方を評価する報酬システムが必要である。


 誰でも報酬は必要である。だが、いかなる報酬システムにも人を間違って方向づけする恐れがある。
 報酬は、企業や社会における位置づけを表す。仕事に対する評価と並んで、人の価値に対する評価をともなう。しかも報酬には、正義、公正、平等についての観念が情緒的に結びつく。金銭は定量的である。だが報酬システムにおける金銭は、価値や質という無形の微妙なものを表す。したがって、報酬システムにおいては科学的な公式はありえない。
 たとえ最善を称したとしても、報酬システムなるものは、必然的に、報酬がもつさまざまな機能と意味合いの妥協の産物たらざるをえない。最善の報酬システムにしても、組織を強化する半面で弱体化し、正しい方向づけをする半面で間違った方向づけをし、正しい行動を奨励する半面、間違った行動を奨励する。
 したがって、報酬システムは単純にしなければならない。公式を押しつけるものよりも、判断を働かす余地のあるもの、個々の職務に応じられるものにしなければならない。われわれにできることは、報酬システムが間違った行動を報奨し、間違った成果を重視し、共通の利益から離れることのないようにすることだけである。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
個としての仕事ぶりに報いるとともに、
全体への貢献に報いる報酬システムを設計してください。


報酬システム [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.30 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索