fc2ブログ

Harmonize the Immediate and Long-range Future 短期と長期のバランス

A manager must, so to speak, keep his nose to the grindstone
while lifting his eyes to the hills – quite an acrobatic feat.


  A manager has two specific tasks. The first is creation of a true whole that is larger than the sum of its parts, a productive entity that turns out more than the sum of the resources put into it. The second specific task of the manager is to harmonize in every decision and action the requirements of the immediate and of the long-range future. A manager cannot sacrifice either without endangering the enterprise.
  If manager does not take care of the next hundred days, there will be no next hundred years. Whatever the manager does should be sound in expediency as well as in basic long-range objective and principle. And where he cannot harmonize the two time dimensions, he must at least balance them. He must calculate the sacrifice he imposes on the long-range future of the enterprise to protect its immediate interests, or the sacrifice he makes today for the sake of tomorrow. He must limit either sacrifice as much as possible. And he must repair as soon as possible the damage it inflicts. He lives and acts in two time dimensions, and is responsible for the performance of the whole enterprise and of his own component in it.

ACTION POINT: Develop a system of performance measures that will lead to maximizing the total wealth-producing capacity of your organization. Include both short-term measures and long-term measures, as well as quantitative and qualitative measures.

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


Harmonize the Immediate and Long-range Future [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

マネジメントに携わる者は
石臼に鼻を押しつけながら丘の上を見なければならない。


 マネジメントには二つの役割がある。第一の役割は、部分の総和よりも大きな全体、すなわち投入した資源の総和よりも大きなものを生み出す生産体制を創造することである。第二の役割は、自らのあらゆる決定と行動において、直ちに必要とされるものと遠い将来に必要とされるものとをバランスさせることである。いずれを犠牲にしても組織は危険にさらされる。
 一〇〇日先のことを考えないようでは、一〇〇年先はない。今日の健全性と長期の目標の双方を考えなければならない。短期と長期は、たとえ調和させられなくとも、バランスはさせなければならない。
 今日のために明日犠牲となるものについて、あるいは明日のために今日犠牲となるものについて計算しなければならない。それらの犠牲を最小にとどめ、いちはやく補わなければならない。こうして二つの時間に生き、かつ組織全体と自らが率いる部門の仕事ぶりの双方に責任をもたなければならない。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
あなたの組織の富の創出能力をデータ化する方法を検討してください。
短期、長期、定量的、定性的データを駆使してください。


短期と長期のバランス [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.28 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索