fc2ブログ

The Ultimate Control of Organizations 組織の価値観と人事

People act as they are being rewarded or punished.


  There is a fundamental, incurable, basic limitation to controls in a social institution. A social institution is comprised of persons, each with his own purpose, his own ambitions, his own ideas, his own needs. No matter how authoritarian the institution, it has to satisfy the ambitions and needs of its members, and do so in their capacity as individuals through institutional rewards and punishments, incentives, and deterrents. The expression of this may be quantifiable ? such as a raise in salary. But the system itself is not quantitative in character and cannot be quantified.
  Yet here is the real control of the institution. People act as they are being rewarded or punished. For this, to them, rightly, is the true expression of the values of the institution and of its true, as against its professed, purpose and a role. A system of controls that is not in conformity with this ultimate control of the organization, which lies in its people decisions, will therefore at best be ineffectual. At worst it will cause never-ending conflict and will push the organization out of control. In designing controls for an organization, one has to understand and realize that even the most powerful “instrument board” complete with computers is secondary to the invisible, qualitative control of any human organization, its systems of rewards and punishments, of values and taboos.

ACTION POINT: Specify the system of rewards and punishments in your organization, including the procedure used for making promotion decisions. Evaluate the performance measures in place in your organization. Make sure that good performance on the performance measures leads to rewards, promotions, and punishments.

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


The Ultimate Control of Organizations [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

いかに賞され罰せられるかによって
人は左右される。


 人間組織においては、データによる管理には基本的かつ根元的な制約がある。組織とは、それぞれが独自の理念、目的、欲求、ニーズをもつ人の集合である。いかなる組織であれ、メンバーの欲求とニーズは満たさなければならない。この欲求とニーズを満たすものが賞罰であり、各種の奨励策、抑止策である。
 給与のように定量的な要因もある。しかし、個の欲求に応えるためのシステムそのものは定量的ではない。定量化は不可能である。
 だが、そこにこそ組織の本当のマネジメントがある。人はいかに賞され罰せられるかによって左右される。彼らにとって、賞罰こそ組織の目的、価値観、位置づけ、役割を教えるものである。人事に表れるこの組織としての価値観に合わないものは、すべて無効である。それどころか摩擦のもととなり、組織としての機能不全をもたらす。
 組織のマネジメントは、事実上の管理手段である人事抜きには考えられない。いかにコンピュータによる道具立てを講じようとも、定性的な管理手段としての賞罰、価値、タブーに比すれば第二の地位に甘んじなければならない。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
昇格人事の手続きを含め、組織の賞罰のシステムを書き出してください。
成果が昇進と昇給に結びつくようにしてください。


組織の価値観と人事 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.27 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索