fc2ブログ

Controls Should Focus on Results 成果のためのデータ

What today’s organization needs are synthetic sense organs for the outside.


  Every social institution exists to contribute to society, economy, and individual. In consequence results exist only on the outside – in economy, in society, and with the customer. It is the customer only who creates a profit. Everything inside a business creates only costs, is only a “cost center.” But results are entrepreneurial. Yet we do not have adequate, let alone reliable, information regarding the “outside.” The century of patient analysis of managerial, inside phenomena, events and data, the century of patient, skillful work on the individual operations and tasks within the business, has no counterpart with respect to the entrepreneurial job. We can easily record and therefore quantify efficiency, that is, efforts. It is of little value to have the most efficient engineering department if it designs the wrong product. And it mattered little, I daresay, during the period of IBM’s great expansion in the fifties and sixties how “efficient” its operations were; its basic entrepreneurial idea was the right, the effective one.
  The outside, the area of results, is much less accessible than the inside. The central problem of executives in the large organization is their insulation from the outside. What today’s organization therefore needs are synthetic sense organs for the outside. If modern controls are to make a contribution, it would be, above all, here.

ACTION POINT: Develop a systematic method of collecting critical information on the environment. The information should include knowledge of customer satisfaction, noncustomer buying habits, technological developments, competitors, and relevant government policies.

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


Controls Should Focus on Results [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

今日の組織が最も必要としているものが
外部に向けた感覚器官である。


 あらゆる組織が社会、経済、人間に貢献するために存在する。当然、成果は組織の外部にある。それは社会、経済、顧客に対する成果として表れる。企業のあげる利益にしても、それをもたらすのは顧客である。組織の内部が生み出すものはコストだけである。内部にあるものはコスト・センターにすぎない。
 成果は起業家的である。ところが、外部の世界については、信頼するに足るどころか、適切といえる情報さえない。そのため、管理的な仕事すなわち組織の内部の現象、事象、データについては惜しむことなく分析が行なわれてきたが、起業家的な活動については、それらの分析に比肩するものがほとんどない。効率すなわち努力を記録し、定量的に把握することは容易である。しかし、売れない製品を設計していたのでは、いかに効率的な設計部門といえども価値はない。一九五〇年代から六〇年代に躍進をとげていたころのIBMは、効率を問題にしなかった。起業家的な発想を重視していた。
 組織の内部に比べ、成果の表れる外部の世界は近づきにくい。しかも今日、大組織の幹部たちの問題は、世の中からの隔離孤絶にある。したがって、今日の組織が必要としているものは外部に向けた感覚器官である。データが最も求められているのが、この外部の世界についてのものである。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
顧客満足、購買行動、技術進歩、競争状態、政府政策など、
外部の世界についての情報システムを構築してください。


成果のためのデータ [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.25 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索