fc2ブログ

Overage Executives 高齢の役員

Stay out of decisions if one won’t be around to help bail out
the organization.


  An employer should have in place a policy for the over-sixties in managerial and professional ranks. The basic rule, and one that should be clearly established and firmly enforced, is that people beyond their early sixties should ease out of major managerial responsibilities. It is a sensible rule for anyone, and not only for the executive, to stay out of decisions if one won’t be around to help bail out the company when the decisions cause trouble a few years down the road – as most of them do. The older executive should move into work one performs on one’s own rather than be the “boss.” This way, he or she specializes and concentrates on one major contribution, advises, teaches, sets standards, and resolves conflicts, rather than works as a “manager.” The Japanese have “counselors,” and they work very effectively, sometimes well into their eighties.

ACTION POINT: Develop a retirement policy for senior executives. Make sure these executives are not the sole decision-makers in decisions whose outcomes will occur beyond the tenure of these executives.

The Frontiers of Management


Overage Executives [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

問題が起こったとき手を貸せないのであれば
意思決定に関与してはならない。


 六〇代半ばを越えた人たちに適用すべき一つのルールがある。マネジメント上の責任からは解放することである。数年後に問題が起こったとき手を貸せないのであれば、意思決定に関与してはならない。
 高齢の役員は、ラインの長ではなく、独立して行なえる仕事、専門家として大きな貢献ができる仕事、助言、教育、基準の設定、紛争の解決などの仕事に移るべきである。マネジメントの仕事を行なわせるべきではない。日本の組織には顧問がいる。ときには八〇代で役に立っている。

(『マネジメント・フロンティア』)


ACTION POINT
役員の定年規定を定めてください。
結果が出るころにはいなくなっている人たちだけで
意思決定を行なうことのないようにしてください。


高齢の役員 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.22 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索