fc2ブログ

“Widow-Maker” Positions 後家づくりの仕事

A widow-maker position is a job that defeats
two competent people in a row.


  “Widow-maker” is the term that nineteenth-century New England shipbuilders used to describe a well-built new ship that still managed to have two fatal accidents in a row. Instead of attempting to fix the problems with the ship, they immediately broke it up to prevent another accident from occurring. In organizations, a window-maker is a job that defeats two competent people in a row. It will almost certainly defeat a third one, no matter how competent. The only thing to do is to abolish the widow-maker position and restructure the work. Widow-makers typically appear when an organization experiences rapid growth or rapid change. I have since seen this phenomenon in a lot of organizations – for example, in a university that within ten years had moved from being primarily an undergraduate teaching institution to becoming a major research university. That killed off two excellent people who took on the presidency as it had been structured the old way, and by the way, any number of deans – again, these positions could be filled successfully only after the university had restructured itself thoroughly.
  The “widow-maker” job is usually the result of accident. One person who somehow combined temperamental characteristics that are not usually found in one person created the job and acquitted himself or herself well. In other words, what looked like a logical job was an accident of personality rather than the result of a genuine function. But one cannot replace personality.

ACTION POINT: Is there a “widow-maker” position in your organization? Either restructure the position or eliminate it.

People Decisions (Corpedia Online Program)
Management: Tasks, Responsibilities, Practices


“Widow-Maker” Positions [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

優秀な人たちが連続して失敗する仕事は
後家づくりの仕事である。


 後家づくりとは、一九世紀のニューイングランドの船乗りたちが、連続して大事故を起こした船につけた名である。船主たちはその船を思い切って解体した。
 今日では、優秀な人たちが連続して失敗する仕事が後家づくりである。いかに優秀であろうと、次の者も失敗することは確実である。ここで行なうべきことは、その仕事を廃止し、仕事の内容を再構成することである。そのような仕事は、組織が急成長したときや、大きく変化したときに生まれやすい。
 そのような例を私はたくさん目にしてきた。学生に教えることが専門だった単科大学が、わずか一〇年で研究も手がける総合大学に成長したとき、二人の学長と何人かの学部長が挫折した。この二つのポストが後家づくりの仕事でなくなったのは、大がかりな組織改革の後だった。
 通常、後家づくりは偶然から生まれる。たとえば、たまたま一人の人間のなかにはなかなか見られない二つの資質を併せもつ者が、うまくこなしてしまったために生まれる。当然のことと思われていた仕事が、属人的な偶然の産物だった。そもそも同一の個性の者を探すことは不可能である。

(『マネジメント-課題・責任・実践』、eラーニング教材『人を活かす人事の意思決定』)


ACTION POINT
あなたの組織に後家づくりの仕事はないでしょうか。
組み立てなおすか、廃止してください。


後家づくりの仕事 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.21 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索