fc2ブログ

Managing Oneself: Revolution in Society 生き方革命

Managing oneself is based on these realities: Workers are likely to outlive organizations, and the knowledge worker has mobility.


  Managing oneself is a REVOLUTION in human affairs. It requires new and unprecedented things from the individual, and especially from the knowledge worker. For, in effect, it demands that each knowledge worker think and behave as a chief executive officer. It also requires an almost 180-degree change in the knowledge workers’ thoughts and actions from what most of us still take for granted as the way to think and the way to act.
  The shift from manual workers who do as they are being told – either by the task or by the boss – to knowledge workers who have to manage themselves profoundly challenges social structure. For every existing society, even the most “individualist” one, takes two things for granted, if only subconsciously: Organizations outlive workers, and most people stay put. Managing oneself is based on the very opposite realities. In the United States MOBILITY is accepted. But even in the United States, workers outliving organizations – and with it the need to be prepared for a second and different half of one’s life – is a revolution for which practically no one is prepared. Nor is any existing institution, for example, the present retirement system.

ACTION POINT: Begin thinking of a second career you find fulfilling. List areas of work that interest you, including that of a volunteer in a nonprofit organization.

Management Challenges for the 21st Century


Managing Oneself: Revolution in Society [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

働く者が組織よりも長生きし
かつ組織を動けるようになった。


 今日、労働力の重心が、決められたことを行なうだけだった肉体労働者から、自らをマネジメントする知識労働者へと移行したことが、社会の構造を大きく変えつつある。これまでの社会は、いかに個を尊重するにせよ、あくまで二つのことを当然としてきた。第一に組織はそこに働く者よりも長命であり、第二にそこに働く者は組織に固定された存在だった。ところが、自らをマネジメントするということは、これとは逆の現実に立つ。
 アメリカでは、働く者が組織を動くことは一般化した慣行である。そのアメリカでさえ、働く者が組織よりも長命であって、したがって第二の人生が必要になるなどということは、誰にも心構えのなかった生き方革命だった。定年制を含め既存のいかなる制度も想定していなかった事態だった。

(『明日を支配するもの』)


ACTION POINT
あなたにとって意義のあるセカンド・ライフを構想してください。
NPOを含め、関心のある仕事を列挙してください。


生き方革命 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.18 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索