fc2ブログ

Managing Oneself: Work Relationships 集団と個

Organizations are built on trust, and trust is built on communication
and mutual understanding.


  Just as it is important for you to know your own strengths, work styles, and values, it is also important that you learn the strengths, work styles, and values of the people around you. Each person is an individual, and there are likely to be great differences between yourself and others. But such differences do not matter. What does matter is whether everyone performs. Consistent group performance can be achieved only if each person within the group is able to perform as an individual. And to help make this happen, you must build on other people’s strengths, other people’s work styles, and other people’s values.
  Once you have identified your strengths, work style, and values, as well as what your contribution should be, you must then consider who else needs to know about it. Everyone who depends on you and on whom you depend needs to know this information about how you work. Since communication is a two-way process, you should feel comfortable asking your coworkers to think through and define their own strengths, work styles, and values.

ACTION POINT: List the people who depend upon your contributions and the specific contribution each person requires. List those people on whom you depend and the contributions you require from each person. Inform both groups and be sure each person is served properly, including you.

Management Challenges for the 21st Century
Managing Oneself (Corpedia Online Program)


Managing Oneself: Work Relationships [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

組織は信頼によって成立し
信頼はコミュニケーションと相互理解によって成立する。


 自らの強み、仕事のやり方、価値観とともに、ともに働く者全員の強み、仕事のやり方、価値観が重要な意味をもつ。あらゆる者が個性をもち、大きな違いをもつ。
 しかし、違いは問題ではない。問題は、それぞれが成果をあげることである。集団としての仕事ぶりは、一人ひとりの仕事ぶりによって規定される。したがって、それぞれの強み、仕事のやり方、価値観を生かさなければならない。
 自らの強み、仕事のやり方、価値観、果たすべき貢献を知ったならば、それを誰かに知らせるかを考える。頼っている人たち、頼られている人たちが、あなたについての情報をもたなければならない。
 コミュニケーションとは双方向のものであるがゆえに、ともに働く人たち全員に対し、彼らの強み、仕事のやり方、価値観を明らかにしてくれるよう気軽に頼まなければならない。

(『明日を支配するもの』、eラーニング教材『自らをマネジメントする』)


ACTION POINT
あなたの貢献を必要とする人たちと、あなたが貢献を必要とする人たちを挙げ、
それぞれの果たすべき貢献の内容を考えてください。


集団と個 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.15 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索