fc2ブログ

Managing Oneself: Identify Strengths 強みを知って利用する

It takes far less energy to move from first-rate performance to excellence
than it does to move from incompetence to mediocrity.


  You can learn to identify your strengths by using feedback analysis. This is a simple process in which you write down every one of your key decisions and key actions along with the results that you expect them to achieve. Nine to twelve months later, check the actual results against expectations. After two to three years of use, you will know your strengths by tracking those decisions and actions where actual results fell in line with or exceeded expectations. Once you have identified your strengths through feedback analysis, you can use this knowledge to improve performance and results. You can make this happen in five ways.
  First, concentrate on your strengths. Second, work on improving strengths. You may need to learn new knowledge or to update old. Third, recognize disabling habits. The worst, and most common, one is arrogance. Oftentimes poor performance results from an unwillingness to pursue knowledge outside one’s own narrow specialty. Fourth, remedy bad habits and bad manners. All too often, a bad habit such as procrastination or bad manners makes cooperation and teamwork all but impossible. And fifth, figure out what you should not do.

ACTION POINT: Use feedback analysis to identify your strengths. Then go to work on improving your strengths. Identify and eliminate bad habits that hinder the full development of your strengths. Figure out what you should do and do it. Finally, decide what you should not do.

Management Challenges for the 21st Century
Managing Oneself (Corpedia Online Program)


Managing Oneself: Identify Strengths [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

できないことを並のレベルに引き上げるよりも
できることを超一流にするほうがやさしい。


 自らの強みは、フィードバック分析によって知ることができる。何かすることを決めたならば、何を期待するかを書きとめる。九か月後あるいは一年後に、その期待と実際の成果を照合する。期待どおりの成果、期待を越える成果の記録から、二、三年もすれば、自らの強みを知ることができる。こうして知った自らの強みを仕事と成果の向上に利用すればよい。利用の仕方には五つの方法がある。
 第一に、こうして明らかになった強みに集中することである。第二に、それらの強みをさらに伸ばすことである。新たに身につけるべき知識もあるであろう。第三に、知的な傲慢を矯正することである。強みの発揮を妨げているものを認識することである。そのうち最悪のものが、他の分野の知識を軽く見ることである。第四に、悪癖や態度を改めることである。それらのもののためにチームワークや協力を阻害してはならない。第五に、不得意であるがゆえに行なってはならない分野を知ることである。

(『明日を支配するもの』、eラーニング教材『自らをマネジメントする』)


ACTION POINT
フィードバック分析によって自分の強みを知り、その強みを伸ばしてください。
あなたの強みと弱みからして、
行なうべきことと行なってはならないことを明らかにしてください。


強みを知って利用する [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.12 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索