fc2ブログ

Defining One’s Performance 仕事ぶりの定義

Performance is not hitting the bull’s-eye with every shot –
that is a circus act.


  The first requirement of organizational health is a high demand on performance. Indeed, one of the major reasons for demanding that management be by objectives and that it focus on the objective requirements of the task is the need to have managers set high standards of performance for themselves. This requires that performance be understood properly. Performance is not hitting the bull’s-eye with every shot. Performance is rather the consistent ability to produce results over prolonged periods of time and in a variety of assignments. A performance record must include mistakes. It must include failures. It must reveal a person’s limitations as well as his strengths.
  The one person to distrust is the one who never makes a mistake, never commits a blunder, never fails in what he tries to do. Either he is a phony, or he stays with the safe, the tried, and the trivial. The better a person is, the more mistakes he will make – for the more new things he will try.

ACTION POINT: Define performance as a “batting average.” Create an atmosphere where people are permitted to make mistakes. Evaluate a person’s performance as “the consistent ability to produce results over a relatively long period of time.”

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


Defining One’s Performance [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

仕事ぶりとは百発百中のことではない。
百発百中はサーカスの話である。


 組織が健全であるためには、水準の高い仕事が必要である。目標管理が必要とされ、仕事本位であることが必要とされるのも、仕事の水準を高める必要があるからである。
 優れた仕事ぶりとは、長期にわたり、仕事において成果を生んでいくことである。当然そこには間違いが含まれる。失敗も含まれる。強みだけでなく弱みも明らかになる。
 間違いや失敗をしたことのない者だけは信用してはならない。そのような者は、無難なこと、安全なこと、つまらないことにしか手をつけない。人は優れているほど多くの間違いをおかす。優れているほど新しいことを行なうからである。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
仕事ぶりを打率として解釈してください。
間違いを認める組織文化をつくってください。


仕事ぶりの定義 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.10 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索