fc2ブログ

Take Responsibility for Your Career キャリアの選択

The stepladder is gone, and there’s not even the implied structure
of an industry’s rope ladder. It’s more like vines,
and you bring your own machete.


  If a young man in a gray flannel suit represented the lifelong corporate type, what’s today’s image? Taking individual responsibility and not depending on any particular company. Equally important is managing your own career. You don’t know what you’ll be doing next, or whether you’ll work in a private office or one big amphitheater or even out of your home. You have to take responsibility for knowing yourself, so you can find the right jobs as you develop and as your family becomes a factor in your values and choices.
  Remarkably few Americans are prepared to select jobs for themselves. When you ask, “Do you know what you are good at? Do you know your limitations?” they look you in the eye with a blank stare. Or they often respond in terms of subject knowledge, which is the wrong answer. When they prepare their rézumés, they try to list positions like steps up a ladder. It is time to give up thinking of jobs or career paths as we once did and think in terms of taking on one assignment after another. We have to leap right over the search for objective criteria and get into the subjective – what I call competencies.

ACTION POINT: Take responsibility for your own career. List your strengths and limitations. What assignments are you prepared to take on next? Prepare to take on these assignments either inside of or outside of your current organization.

Managing in a Time of Great Change


Take Responsibility for Your Career [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

階段はなくなった。縄ばしごもない。
蔦が生えているだけである。必要なのは鉈である。


 かつての会社人間に代わるのはどのような人たちか。それは、組織に依存せず、自己責任のもとに生きる人たちである。自らのキャリアを自ら決める人たちである。
 これからは、明日自分が何をしているかを想像できない時代になる。個室か、大部屋か、自宅か、それとも外で働いているのかさえわからない。したがって、自らを知ることに責任をもたなければならない。そうすることによって、はじめて自らの進歩に応じ、あるいは家族のことを考えなければならなくなっていくのに応じ、的確な仕事を見つけることができる。
 職業選択の用意ができている者は驚くほど少ない。強みは何か、弱みは何かと聞くと、怪訝な顔をする。仕事についての知識で答えようとするが、それは間違いである。履歴書でも、依然として、経験してきた地位を階段のように列挙する。
 キャリアの考え方を変えなければならない。新しい仕事を次から次へと引き受けていくというように考えなければならない。

(『未来への決断』)


ACTION POINT
自らの責任において、自らのキャリアを決めてください。
強みと弱みを列挙してください。
あなたは次にどのような仕事をしたいでしょうか。


キャリアの選択 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.09 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索