fc2ブログ

How to Develop People 人の成長と組織

Any organization develops people; it either forms them or deforms them.


  Any organization develops people; it has no choice. It either helps them grow or it stunts them. What do we know about developing people? Quite a bit. We certainly know what not to do, and those don’ts are easier to spell out than the dos. First, one does not try to build upon people’s weakness. One can expect adults to develop manners and behavior and to learn skills and knowledge. But one has to use people’s personalities the way they are, not the way we would like them to be. A second don’t is to take a narrow and shortsighted view of the development of people. One has to learn specific skills for a specific job. But development is more than that: it has to be for a career and for a life. The specific job must fit into this longer-term goal. Another thing we know is not to establish crown princes. Look always at performance, not at promise. With the focus on performance and not potential, the executive can make high demands. One can always relax standards, but one can never raise them. Next, the executive must learn to place people’s strengths.
  In developing people the lesson is to focus on strengths. Then make really stringent demands, and take the time and trouble (it’s hard work) to review performance. Sit down with people and say: “This is what you and I committed ourselves to a year ago. How have you done? What have you done well?”

ACTION POINT: Develop your people. Focus first on their strengths. Then make high demands based on a person’s strengths. Finally, periodically review their performance.

Managing the Non-Profit Organization


How to Develop People [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

組織は人を変える。


 組織は人を変える。否応なしに変える。成長させたり、逆にいじけさせたりする。
 人を育てることについて、われわれは何を知っているか。かなりのことを知っている。とくに、何を行なうべきでないかについてよく知っている。行うべきでないことのほうが、行うべきことよりもわかりやすい。
 第一に、不得意なことで何かを行なわせてはならない。礼儀、態度、スキル、知識は学ぶことができる。だが個性を変えることはできない。第二に、近視眼的に育ててはならない。身につけさせるべきスキルはある。だが人を育てるということは、それ以上のことである。キャリアと人生にかかわることである。仕事は人生の目標に合わせなければならない。第三に、エリート扱いしてはならない。重要なことは実力であって見込みではない。要求は厳しくしなければならない。
 人材の育成にあたっては、強みに焦点を合わせなければならない。そのうえで要求を厳しくしなければならない。そして、時間をかけて丁寧に評価しなければならない。向かい合って、約束はこうだった、この一年どうだったか、何をうまくやれたか、と聞かなければならない。

(『非営利組織の経営』)


ACTION POINT
強みに焦点を合わせ、要求を厳しくし、定期的に評価してください。


人の成長と組織 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.07 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索