fc2ブログ

Practices of Effective Executives 5つの成果能力

All that effective executives have in common is the ability
to get the right things done.


  The effective executives I have seen differ widely in their temperaments and abilities, in what they do and how they do it, in their personalities, their knowledge, their interests – in fact, in almost everything that distinguishes human beings. But all effective executives I’ve known perform only necessary tasks and eliminate unnecessary ones.
  Five practices have to be acquired to be effective. Effective executives know where their time goes. They work systematically at managing the little of their time that can be brought under their control. Effective executives focus on outward contributions. Effective executives build on strengths – theirs and others. They do not build on weaknesses. Effective executives concentrate on superior performance where superior performance will produce outstanding results. They force themselves to stay within priorities. Effective executives make effective decisions. They know that this is a system – the right steps in the right sequence. They know that to make decisions fast is to make the wrong decisions. Whenever I have found a person who – no matter how great in intelligence, industry, imagination, or knowledge – fails to observe these practices, I have also found an executive deficient effectiveness.

ACTION POINT: Commit these five tasks to memory and practice them: know where your time goes; focus on outward contributions; build on strengths; concentrate on superior performance; and make effective decisions.

The Effective Executive


Practices of Effective Executives [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

成果をあげる人は
行うべきことを行なっている。


 成果をあげる人は、能力、関心、知識、気性、性格、仕事の方法において多様である。あらゆることにおいて千差万別である。共通点は、行うべきことを行なっているだけである。
 成果をあげるために身につけておくべき習慣的な能力は五つある。第一に、自分の時間が何にとらわれているかを知ることである。残されたわずかな時間を体系的に管理することである。第二に、外の世界に対する貢献に焦点を合わせることである。第三に、強みを基盤にすることである。自らの強みと人の強みを基盤にすることである。第四に、優れた仕事が際立った成果をあげる領域に力を集中することである。優先順位を守るよう自ら強制することである。第五に、成果をあげるよう意思決定を行なうことである。
 これらは、つまるところ習慣の問題である。いかに聡明、勤勉、創造的、博識であろうと、これら五つの習慣的な能力に欠けるならば成果をあげることはできない。

(『経営者の条件』)


ACTION POINT
時間、貢献、強み、集中、意思決定の5つの能力を身につけてください。


5つの成果能力 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2009.09.04 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索