fc2ブログ

Human Dignity and Status 正義と尊厳の実現

It is perhaps the biggest job of the modern corporation – to find a
synthesis between justice and dignity, between equality of opportunities
and social status and function.


  The modern corporation as a child of laissez-faire economics and of the market society is based on a creed whose greatest weakness is the inability to see the need for status and function of the individual in society. In its refusal to concern itself with the unsuccessful majority, the market society was a true child of Calvinism with its refusal to concern itself with the great majority that is not elected to be saved. Following the English philosopher Herbert Spencer, this belief is now expressed usually in the language of Darwinian “survival of the fittest” rather than in theological terms. But this does not alter the fact that the philosophy of the market society only makes sense if the unsuccessful are seen as “rejected by the Lord” with whom to have pity would be as sinful as questioning the decision of the Lord. We can only deny social status and function to the economically unsuccessful if we are convinced that lack of economic success is (a) always a person’s own fault, and (b) a reliable indication of his or her worthlessness as a human personality and a citizen.

ACTION POINT: Provide dignity to everyone you work with simply because they are human beings.

Concept of the Corporation


Human Dignity and Status [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

機会の平等と人の位置づけと役割の実現こそ
企業にとって最大の仕事である。


 そもそも自由経済と市場社会の嫡子としての企業には、社会における一人ひとりの人間の位置づけと役割の必要性を考慮に入れていないという弱みがある。
 経済的な成功に無縁の人たちを気にかけないという点では、市場社会は、選民ならざる人たちを気にかけなかったカルヴァン主義の末裔そのものといってよい。たんに近ごろでは、イギリスの哲学者ハーバード・スペンサーに倣い、神学の用語ではなく、ダーウィン主義の適者生存なる言葉で表現しているにすぎない。市場社会の哲学が、成功できない者を見捨てられし者と見ることにおいては何ら変わるところがない。実に見捨てられし者とは、憐れみをかけることさえ神意に反する存在である。
 しかし、われわれが、経済的に不運な者に対し、社会における位置づけと役割を拒否できるのは、経済的に成功できないことが本人の責任であり、人間としても、市民としても価値を認めがたいと断じうる場合だけである。

(『企業とは何か』)


ACTION POINT
ともに働く人すべてに、人としての敬意を払ってください。


正義と尊厳の実現 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.25 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索