fc2ブログ

Human Dignity and Status 正義と尊厳の実現

It is perhaps the biggest job of the modern corporation – to find a
synthesis between justice and dignity, between equality of opportunities
and social status and function.


  The modern corporation as a child of laissez-faire economics and of the market society is based on a creed whose greatest weakness is the inability to see the need for status and function of the individual in society. In its refusal to concern itself with the unsuccessful majority, the market society was a true child of Calvinism with its refusal to concern itself with the great majority that is not elected to be saved. Following the English philosopher Herbert Spencer, this belief is now expressed usually in the language of Darwinian “survival of the fittest” rather than in theological terms. But this does not alter the fact that the philosophy of the market society only makes sense if the unsuccessful are seen as “rejected by the Lord” with whom to have pity would be as sinful as questioning the decision of the Lord. We can only deny social status and function to the economically unsuccessful if we are convinced that lack of economic success is (a) always a person’s own fault, and (b) a reliable indication of his or her worthlessness as a human personality and a citizen.

ACTION POINT: Provide dignity to everyone you work with simply because they are human beings.

Concept of the Corporation


Human Dignity and Status [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

機会の平等と人の位置づけと役割の実現こそ
企業にとって最大の仕事である。


 そもそも自由経済と市場社会の嫡子としての企業には、社会における一人ひとりの人間の位置づけと役割の必要性を考慮に入れていないという弱みがある。
 経済的な成功に無縁の人たちを気にかけないという点では、市場社会は、選民ならざる人たちを気にかけなかったカルヴァン主義の末裔そのものといってよい。たんに近ごろでは、イギリスの哲学者ハーバード・スペンサーに倣い、神学の用語ではなく、ダーウィン主義の適者生存なる言葉で表現しているにすぎない。市場社会の哲学が、成功できない者を見捨てられし者と見ることにおいては何ら変わるところがない。実に見捨てられし者とは、憐れみをかけることさえ神意に反する存在である。
 しかし、われわれが、経済的に不運な者に対し、社会における位置づけと役割を拒否できるのは、経済的に成功できないことが本人の責任であり、人間としても、市民としても価値を認めがたいと断じうる場合だけである。

(『企業とは何か』)


ACTION POINT
ともに働く人すべてに、人としての敬意を払ってください。


正義と尊厳の実現 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

スポンサーサイト



2010.06.25 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Civilizing the City 都市の文明化

Only the social sector can create what we now need,
communities for citizens.


  Civilizing the city will increasingly become top priority in all countries – and particularly in the developed countries such as the United States, the United Kingdom, and Japan. However, neither government nor business can provide the new communities that every major city in the world needs. That is the task of the nongovernmental, nonbusiness, nonprofit organizations. Only the social sector can create what we now need, communities for citizens – and especially for the highly educated knowledge workers who increasingly dominate developed societies. One reason for this is that only nonprofit organizations can provide the enormous diversity of communities we need – from churches to professional associations, from organizations taking care of the homeless to health clubs...
  The nonprofit organizations are also the only ones that can satisfy the second need for effective community, the need for effective citizenship. The twentieth century saw an explosive growth of both government and business – especially in the developed countries. What the twenty-first century needs above all is equally explosive growth of the nonprofit social sector in building communities in the newly dominant social environment, the city.

ACTION POINT: Reflect on how your favorite nonprofits can help create new communities in cities.

Managing in the Next Society


Civilizing the City [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

NPOだけが
市民のための年コミュニティをつくる。


 先進社会では、都市の文明化が緊急の課題となっている。だが政府や企業には、都市が必要としているコミュニティをつくることはできない。それは非政府、非営利のNPOの仕事である。NPOだけが市民のためのコミュニティ、とくに先進社会の中核となりつつある知識労働者にとってのコミュニティをつくることができる。なぜならば、NPOだけが教会から職種別団体、健康クラブからホームレス支援組織にいたる多様なコミュニティを提供することができるからである。しかもNPOだけが、もう一つの都市社会のニーズ、すなわち市民性の回復を実現してくれるからである。
 二〇世紀において、われわれは政府と企業の爆発的な成長を経験した。二一世紀において、われわれが必要とするものは、新たな人間環境としての都市社会にコミュニティをもたらすべきNPOの、同じように爆発的な成長である。

(『ネクスト・ソサエティ』)


ACTION POINT
あなたが参画しているNPOが、
都市コミュニティをつくるうえでどのような役割を果たせるか考えてください。


都市の文明化 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.24 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Self-Governing Communities 職場コミュニティの力

Managements have tended to reject ideas for the self-governing plant
community and for the responsible worker as an “encroachment”
on their prerogatives.


  Of all my work on management and “the anatomy of industrial order,” I consider my ideas for the self-governing plant community and for the responsible worker to be the most important and most original. A self-governing plant community is the assumption of managerial responsibility by the individual employee, the work team, and the employee group alike for the structure of the individual job, for the performance of major tasks, and for the management of such community affairs as shift schedules, vacation schedules, overtime assignments, industrial safety, and, above all, employee benefits.
  But managements have tended to reject these ideas as an “encroachment” on their prerogatives. And labor unions have been outright hostile: they are convinced that they need a visible and identifiable “boss,” who can be fought as “the enemy.” Yet what was achieved in these areas in World War II went way beyond anything that is being trumpeted today as a breakthrough, such as the highly publicized attempt to replace the assembly line at some Swedish automobile companies. This actually goes much less far than the assembly lines that have been standard in American industry, not to mention the responsibility factory-floor work teams have assumed routinely at IBM, hardly a particularly “permissive” company.

ACTION POINT: Delegate responsibility to all employees once you are assured they have been trained to assume this responsibility.

Adventures of a Bystander


Self-Governing Communities [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

職場コミュニティと責任ある従業員という私の考えは
マネジメントの権限をおかすものとして拒否された。


 マネジメントと産業秩序についての私の仕事のなかでは、職場コミュニティと責任ある従業員とういう考えが最も独特であり、かつ最も重要であったと思う。職場コミュニティとは、働く者本人たちに、仕事の設計、組織、シフト、休暇、残業、安全、福利厚生など現場の問題について責任をもたせるという考えだった。
 しかし、そのような私の考えは、マネジメントの権限をおかすものとしてGMの経営陣から拒否された。労働組合からも反対された。彼らには敵としてのボスが必要だった。
 だが実際の現場では、第二次世界大戦直後の当時、すでに事態ははるかに進んでいた。

(『傍観者の時代』)


ACTION POINT
従業員に責任をもたせられるだけの教育訓練を行ない、
実際に責任をもたせてください。


職場コミュニティの力 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.23 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Goal and Vision for Work 仕事の道しるべ

“All my life as a musician, I have striven for perfection.
It has always eluded me. I surely had an obligation to make one more try.”


  I have never forgotten these words – they made an indelible impression on me. Verdi, when he was my age, that was eighteen, was of course already a seasoned musician. I had no idea what I would become, except that I knew by that time that I was unlikely to be a success exporting cotton textiles. At eighteen, I was as immature, as callow, as naive as an eighteen-year-old can be. It was not until fifteen years later, when I was in my early thirties, that I really knew what I am good at and where I belong. But I then resolved that, whatever my life’s work would be, Verdi’s words would be my lodestar. I then resolved that if I ever reached an advanced age, I would not give up, but would keep on. In the meantime, I would strive for perfection even though, as I well knew, it would surely always elude me.

ACTION POINT: Strive for perfection in your work knowing that it will always elude you.

Drucker on Asia


Goal and Vision for Work [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

私は完全を求めてきた。
だからこそ挑戦する責任があった。


 私は、ヴェルディが八〇歳で歌劇『ファルスタッフ』を作曲したときの「私は完全を求めてきた。だからこそ挑戦する責任があった」という言葉を忘れたことはない。その言葉は消すことのできない刻印となった。
 ヴェルディは、当時の私の歳であった一八歳の頃には、すでに音楽家として名をあげていた。それに対し、私は何になろうとしているのかもわからず、わかっていることといえば、商社で働きつつも貿易商として成功することはなさそうだということだけだった。一八歳にしては未熟だった。私が何を得意とし、何をすべきであるかを知ったのは、その一五年も後の三〇代はじめになってからだった。
 しかし、私は一八歳のそのとき、一生の仕事が何になろうとも、ヴェルディの言葉を道しるべにしようと決心した。何歳になっても歩きつづけることを決心した。失敗しつづけるにちがいなくとも、完全に求めていこうと決心した。

(『創生の時』)


ACTION POINT
仕事においては完全を求めてください。


仕事の道しるべ [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.22 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Work 仕事の意味

“The devil finds work for idle hands.”


  Work, we know, is both a burden and a need, both a curse and a blessing. Unemployment we long ago learned creates severe psychological disturbances, not because of economic deprivation, but primarily because it undermines self-respect. Work is an extension of personality. It is achievement. It is one of the ways in which a person defines himself or herself, measures his worth, and his humanity.

ACTION POINT: Don’t let your self-respect be undermined by being unemployed. Remind yourself that there are other ways to define yourself besides work.

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


Work [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

仕事とは
人格の延長である。


 仕事は重荷であって、必要とされるものである。呪いであって、祝福となるものである。仕事を失うことが人を傷つけるのは、金銭ではなく誇りのためである。仕事とは、人格の延長である。
 それは自己実現の源である。自らの価値を測り、自らの属性を知る手段である。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
とはいえ、仕事を失ってもあまりがっかりしないでください。
仕事がすべてではないことを考えてください。


仕事の意味 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.21 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

When Regulation Is Required 規制の必要性

It is management’s job to get the right regulation enacted.


  To make elimination of a detrimental business impact into a business opportunity should always be attempted. But it cannot be done in many cases. More often eliminating an impact means increasing the costs. What was an “externality” for which the general public paid becomes business cost. It therefore becomes a competitive disadvantage unless everybody in the industry accepts the same rule. And this, in most cases, can be done only by regulation – that means by some form of public action.
  Whenever an impact cannot be eliminated without an increase in cost, it becomes incumbent upon management to think ahead and work out the regulation that is most likely to solve the problem at the minimum cost and with the greatest benefit to public and business alike. And it is then management’s job to work at getting the right regulation enacted. Management – and not only business management – has shunned this responsibility.

ACTION POINT: What detrimental business impact in your industry can you turn into a business opportunity or effective regulation?

Management: Tasks, Responsibilities, Practices


When Regulation Is Required [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

正しい規制の立法化が
マネジメントの行なうべき仕事である。


 社会への無用のインパクトは、その除去を事業上の機会にしなければならない。しかし、多くの場合は不可能である。それどころか、社会へのインパクトの除去はコスト増を意味する。外部コストとして社会が負担していたものが、企業のコストになる。
 したがって、同業他社が同じルールに従わなければ競争上不利になる。同じルールの受け入れは、規制つまり何らかの公的権力の行使によってのみ実現される。
 コスト増なくしてインパクトを除去できない場合には、最小のコストと最大の利益をもたらす規制の方法を他に先んじて検討することが、マネジメント上の責任になる。その立法化をはかることがマネジメント上の仕事になる。これまでは、企業にかぎらずあらゆる組織のマネジメントが、この責任をおろそかにしてきた。

(『マネジメント-課題・責任・実践』)


ACTION POINT
社会のインパクトのうち、事業上の機会にすることのできないものについて
実効性ある規制案を検討してください。


規制の必要性 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.20 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Inflation Versus Unemployment インフレか、失業か

Inflation is the greatest threat to retired people on pensions.


  Even since the Great Depression, unemployment has been seen as both the endemic and the most dangerous disease of modern society and economy. Under pension-fund socialism, inflation can be expected to take over both roles instead. Inflation is the greatest threat to the retired people on pensions, and an equally great one to the workers over fifty with an increasing stake in the future purchasing power of their retirement benefits. Together, these two groups constitute a near-majority of the adult population. These two groups, as a result of pension-fund socialism, have a far greater interest in preventing inflation than ever existed before. A substantial constituency of this kind, sharing a common concern, is by definition a major “interest group” in the American political system and a potent political force. At the same time unemployment is far less of a threat, if a threat at all, for the “constituency” of the pension funds, that is, retired people and older workers.

ACTION POINT: Do you agree that inflation is a bigger problem than unemployment?

The Pension Fund Revolution


Inflation Versus Unemployment [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

退職した年金生活者にとって
インフレは最大の脅威である。


 大恐慌以来、失業は、現代社会と現代経済に特有の病、かつ最も危険な病とされてきた。しかし年金社会では、失業の増大に代わって、インフレがその地位に座ったとしてよい。
 退職した年金生活者にとって、インフレは最大の脅威である。五〇歳を過ぎた被用者にとっても、将来の年金の購買力の低下は同じように重大な脅威である。この二つの世代を合わせると、成人人口のほぼ半数に達する。彼らは、年金基金社会主義の発展の結果として、インフレに対し例のない重大な利害を有する。共通の利害を有するこれだけの大きさの関係当事者は、一大利害集団であって一大政治勢力である。
 これに対し、失業の増大は退職者や高年の就業者にとって、脅威ではあっても、はるかに小さな脅威である。

(『見えざる革命』)


ACTION POINT
インフレが始まった場合の対策を今すぐ考えてください。


インフレか、失業か [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.19 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Individual Development 自己啓発

The important thing is not that you have rank,
but that you have responsibility.


  The person with the most responsibility for an individual’s development is the person himself – not the boss. The first priority for one’s own development is to strive for excellence. Workmanship counts, not just because it makes such a difference in the quality of the job done, but because it makes such a difference in the quality of the job done, but because it makes such a difference in the person doing the job. Expect the job to provide stimulus only if you work on your own self-renewal, only if you create the excitement, the challenge, the transformation that makes an old job enriching over and over again. The most effective road to self-renewal is to look for the unexpected success and run with it.
  The critical factor for success is accountability – holding yourself accountable. Everything else flows from that. The important thing is not that you have rank, but that you have responsibility. To be accountable, you must take the job seriously enough to recognize: I’ve got to grow up to the job. By focusing on accountability, people take a bigger view of themselves.

ACTION POINT: Strive for excellence.

Managing the Non-Profit Organization


Individual Development [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

大切なのは
肩書きではなく責任である。


 自己啓発に最大の責任をもつのは、本人であって上司ではない。
 自らの成長のためにも最も優先すべきは、卓越性の追及である。能力は、仕事の質を変えるだけでなく人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味をもつ。しかも、仕事が心を躍らせるのは、仕事を通じて自己刷新がはかられるときである。その自己刷新の王道が、予期せぬ成功の追求である。
 成長に必要なものは責任である。あらゆるものがそこから始まる。大切なのは肩書きではなく責任である。責任をもつということは、仕事に相応しく成長したいといえるところまで真剣に仕事に取り組むことである。責任に焦点を合わせるとき、人は自らについてより大きな見方をするようになる。

(『非営利組織の経営』)


ACTION POINT
一流を目指してください。


自己啓発 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.09 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Self-Renewal 自己刷新の問い

“What do you want to be remembered for?”


  When I was thirteen I had an inspiring teacher of religion who one day went right through the class of boys asking each one, “What do you want to be remembered for?” None of us, of course, could give an answer. So, he chuckled and said, “I didn’t expect you to be able to answer it. But if you still can’t answer it by the time you’re fifty, you will have wasted your life.”
  I’m always asking that question: “What do you want to be remembered for?” It is a question that induces you to renew yourself, because it pushes you to see yourself as a different person – the person you can become. If you are fortunate, someone with moral authority will ask you that question early enough in your life so that you will continue to ask it as you go through life. It is a question that induces you to renew yourself, because it pushes you to see yourself as a different person – the person you can become.

ACTION POINT: What do you want to be remembered for?

Managing the Non-Profit Organization


Self-Renewal [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

「何をもって憶えられたいか」
を自らに問う。


 私が一三歳のとき、宗教の先生が「何をもって憶えられたいかね」と聞いた。誰も答えられなかった。すると、「答えられると思って聞いたわけではない。でも五〇歳になっても答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになるよ」といった。
 私は、いつもこの問いを自らに問いかけている。これは自己刷新を促す問いである。自分自身を若干違う人間として、しかし、なりうる人間として見るよう仕向けてくれる問いである。
 運の良い人は、若いころ誰かにそう問いかけられ、一生を通じて自らに問いかけつづけていくことになる。

(『非営利組織の経営』)


ACTION POINT
あなたは何をもって憶えられたいですか。


自己刷新の問い [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.08 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

Sudden Incompetence 突然の無能化

The greatest waste of resources in all the organizations
I have seen is the failed promotion.


  Why should people who, for ten or fifteen years, have been competent suddenly become incompetent? The reason in practically all cases I have seen, is that people continue in their new assignment to do what made them successful in the old assignment and what earned them the promotion. Then they turn incompetent, not because they have become incompetent, but because they are doing the wrong things.
  What the new assignment requires is not superior knowledge or superior talent. It requires concentration on the things that the new assignment requires, the things that are crucial to the new challenge, the new job, the new task.

ACTION POINT: Do not continue to do in your new assignment what made you successful in the old one. When you enter a new assignment, ask “What new things should I be doing in my new assignment to be effective?”

Drucker on Asia


Sudden Incompetence [毎日ドラッカー] The Daily Drucker: 366 Days of Insight and Motivation for Getting the Right Things Done Peter Ferdinand Drucker P.F.Drucker

最悪の資源の浪費が
昇進人事の失敗である。


 一〇年、一五年にわたって有能だった人が、なぜ急に無能になるのか。
 私が見てきたかぎり、原因は、それらの例のほとんどにおいて、昇進した人が、前の任務で成功したこと、昇進をもたらしてくれたことを新しい任務においても行ないつづけることにある。その挙句、無能な仕事しかできなくなる。正確には、無能になるのではなく、たんに間違ったことを行なうために無能な仕事しかできなくなるのである。
 新しい任務を行なううえで必要なことは、卓越した知識と才能ではない。それは、新しい任務が要求するもの、新しい挑戦、仕事、課題において致命的に重要なものへの集中である。

(『創生の時』)


ACTION POINT
昇進をもたらしたことを新しいポストで続けてはなりません。
新しい仕事で成果をあげるには何をしなければならないかを考えてください。


突然の無能化 [毎日ドラッカー] ドラッカー 365の金言 ピーター・ドラッカー P.F.ドラッカー

2010.06.07 | Trackback(0) | Drucker ドラッカー

«  | HOME |  »

-->

プロフィール

【スエルテ - SUERTE】

Author:【スエルテ - SUERTE】
ピーター・ドラッカー(P.F.ドラッカー、Peter Ferdinand Drucker)の鋭い洞察力および示唆に富んだ文章は我々を魅了します。
『The Daily Drucker(ドラッカー 365の金言)』を元に毎日解説していきます。

ブログ内検索